毎熊克哉の嫁はゲーム好きな一般人!バイト生活時代を支えた糟糠の妻

毎熊克哉さんを取り上げます。

毎熊克哉さんはNHK大河ドラマ「光る君へ」に出演し話題になっています。

36歳という遅咲きのブレイクでしたが、バイト生活を支えた妻の存在があったそうです。

今回は、毎熊克哉さんの嫁について調査します!

スポンサーリンク
目次

毎熊克哉wikiプロフィール

初めに、毎熊克哉さんのwikiプロフィールをご紹介します。

  • 名前:毎熊克哉(まいぐま かつや)
  • 旧芸名:毎熊克也(まいぐま かつや)
  • 生年月日:1987年3月28日 –
  • 年齢:36歳
  • 出身地:広島県福山市
  • 学歴:東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校
  • 特技:ストリートダンス

3歳の時に見た映画『E.T.』で映画作りに関心を持ち、幼い頃の夢は映画監督でした。

特技はストリートダンス。母親は元ダンサーで、高校1年生の時に母親が見ていた「ダンサー・EIJIがプロデュースするストリートダンスのレクチャービデオ」に衝撃を受け、高校生からダンスを始めました。

ダンスを始めたのは高1の終わりごろ。母がたまたま見ていたストリートダンスのレクチャービデオに衝撃を受けたのがきっかけでした。母はもともとダンサーで、当時地元のカルチャースクールでジャズダンスやバレエを教えていました。

https://www.asahi.com/and/article/20200225/10008425/

高校卒業後は振付師の道も考えつつ、幼い頃からの憧れだった映画の道へ進むため映画監督を志して上京。

東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校(現・東京俳優・映画&放送専門学校)の映画監督科コースに進学しました。

同時に上京後もストリートダンスは10年継続し、EIJI氏のもとで多い時には週3回1日6時間のダンスレッスンを受けていたそうです。

影響を受けたダンサー・EIJI氏の元で、レッスンを受けていたことに本気度が伝わりますよね。

専門学校の映画監督科では、「頭で描いた芝居が演者に伝わらず、自分でやった方が早い」とのことで卒業後は俳優に転身。

監督から俳優への転身は衝撃ですが「ダンスの経験があったからこそ、自分の体で表現することに自然に移行できたんじゃないか」と語っています。

映画監督を目指して勉強したものの、俳優志望の人に演技のイメージを伝えてもなかなか思い通りにいかなくて、それなら自分で演じてみようと思ったわけですが、ダンスの経験があったからこそ、自分の体で表現することに自然に移行できたんじゃないかと思います。

https://www.asahi.com/and/article/20200225/10008425/

なるほど!

その後は演出家のヨリコジュン氏のもとで芝居を学び、2010年の舞台『TIC-TAC』で初主演・初舞台を踏みました。

引越しのアルバイトをしながら、エキストラや名前のない役を演じるなど、下積み時代が続きました。

転機は2015年、専門学校時代の同級生・小路紘史監督の自主映画・長編デビュー作品『ケンとカズ』に出演。

2015年の第28回東京国際映画祭にて日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞し話題となりました。

この作品で、第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞、第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞など、次々に受賞し30歳を目前にした「遅咲きの新人」として脚光を浴びます。

毎熊さんは、引越しのアルバイト先から正社員にならないかと誘われていたので、この作品がヒットしなかったら引っ越し屋さんの正社員になっていたそうですよ!

当時、毎熊はアルバイト先の引越会社から正社員にならないかと誘われていたんです。『この作品がヒットしなかったら、正社員になっていた』と後に打ち明けてくれました」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a83405405d429df921683062b4cc64f542d37e4e?page=1

あぶないあぶない!ぎりぎりのところだったようですね!

以後2018年には『北の桜守』『万引き家族』『空飛ぶタイヤ』NHK連続テレビ小説『まんぷく』などの作品に出演。

近年では、『セクシー田中さん』NHK大河ドラマ『どうする家康』 『光る君へ』などの話題作にも次々に出演し活躍されています。

作品ごとに違ったいい顔してますよね~♪

スポンサーリンク

毎熊克哉の嫁はゲーム好きな一般人!バイト生活時代を支えた糟糠の妻

毎熊克哉さんは、『ケンとカズ』の公開から1年後の2017年に結婚しています。

毎熊克哉さんの嫁についてですが、

一般女性

一般の方なので、情報は公表されていないようです。

「奥さんとは仲が良く、2人でゲームで遊んでいる」とのこと。

二人ともゲーム好きな夫婦のようですね!

『ケンとカズ』の公開から1年後の17年頃には一般人女性と結婚。

「奥さんとは仲が良いようで、2人でゲームをして遊んでいるとか。シャイな部分があり、大勢の飲み会が苦手。寡黙で打ち解けるまで時間がかかるタイプです」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a83405405d429df921683062b4cc64f542d37e4e?page=2

ブレイクまで10年近くかかっているので、バイト生活の毎熊さんをそばで支えていたのかもしれませんね!

引っ越しのアルバイト先で、もしかすると同じ職場だったかも?

新しい情報が入り次第、追記します。

子供

お二人の子供についてですが、

公表されていないようです

2022年に出演した「僕らの時代」では、「子供はいないから生活は変わらない」と語っていました。

ですが、この出演後に子供が誕生している可能性もありますね!

文春の取材では毎熊さんの父親は、「毎熊そっくりの父」としています。もし子供がいれば毎熊さんにそっくりなキリリとしたかわいいお子さんでしょうね!

実家の父にも話を聞いた。毎熊そっくりの父も大河を楽しみに観ているという。「大河主演はありがたいことでございます。ファンの皆さんも見守ってくださっていて」

https://bunshun.jp/articles/-/69654?page=2

新しい情報が入り次第、追記します!

お読みいただきありがとうございました。

今後の益々のご活躍をお祈りいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次